オンラインを利用した非対面・非接触での司法書士へのご相談ご依頼は当事務所へ。全国対応です。

豊中司法書士ふじた事務所では、オンラインによる非対面・非接触でのご相談やご依頼に対応しております。

司法書士へのオンラインによるご相談の方法

具体的には、zoomやskype、meet、LINEといったアプリケーションを利用して、スマホやPCでのTV会議でご相談に応じています。

ですので、オンラインでご相談されたい場合は、カメラ付きのPCかスマホをご準備ください。

なお、PCにカメラが無い場合は、外付けwebカメラをUSBで取り付ける方法があります。価格は、2000円代からあるようです。

 

オンラインによる本人確認の方法

また、不動産登記や商業・法人登記、遺言・相続手続き、訴訟・債務整理・契約書作成などをご依頼の際に必要となる本人確認もアプリでのTV会議で行っています。(不動産登記における本人確認情報の作成など、必ずご面談が必要な場合を除きます。)

TV会議での本人確認は、免許証などの身分証明書をカメラに映して頂き、それのスクリーンショットを撮る方法となります。

(この方法は、公証人役場でのTV会議による本人確認でも行われています。)

 

コロナ対策と司法書士へのご依頼の両立

令和2年7月25日現在、昨日の東京・大阪の感染者数が過去最大となり、新型コロナウイルスの感染拡大は第2波が来ているとも言われている状況です。

可能な限り、人との接触を避ける、自粛をするということは必要だと思います。

 

けれども、一方で、どうしてもしなければいけない相続手続きや不動産の名義変更、会社の登記を長期間放置することもできません。

緊急事態宣言下においても、法務局や裁判所が閉庁しなかったように、登記や裁判というのは感染拡大の状況においても避けられないものなのです。

 

であれば、なるべく人と人との接触を避ける形で、司法書士事務所にご依頼を頂けることが、最大の感染予防になると弊所では考えております。

 

司法書士業務の大部分(特に登記業務)は、ご面談と書類のやりとりのみで完結するものが多いです。

ご面談・ご相談をオンラインで行い、司法書士が必要な書類を作りご依頼者様に郵送して、ご依頼者様はその書類に押印をして返送する。

こうすれば、非対面・非接触でご依頼を完結することができます。

 

もちろん、契約書作成や本人訴訟支援についても、オンラインのでのお打ち合わせと作成した書類をメールでやりとりすれば、完全非対面でご依頼を完結することができます。

 

司法書士事務所へのご相談とウィズコロナ

登記や相続などの手続きについては、コロナウイルスの流行が収束してからにしようとお思いの方もいらっしゃると思いますが、コロナの流行は収束の目途は立っておらず、アフターコロナではなくウィズコロナを考えて行動していくべきだと、弊所では考えています。

まさに、オンライン面談を活用すれば、完全なコロナ対策をしつつ、必要な登記や相続の手続きも行うことができるのです。

 

さらに、このオンライン面談の方法を利用すれば、豊中司法書士ふじた事務所の近隣のエリアである大阪圏だけでなく、全国のご依頼に対応することが可能となります。

 

怪我の巧妙といいますか、オンライン面談の方法を活用すれば、遠方であるという理由でご依頼を断念されていた方からのご依頼にも対応することが可能となるのです。(遠方では対応できない業務もありますから、弊所の司法書士にお尋ねください)

ですので、北摂・関西圏でない方におかれましても、お気軽にお問合せを頂ければと思います。

 

登記や相続などの手続きを進めたいけれども、コロナウイルスの感染が気になるという方は、豊中司法書士ふじた事務所のオンライン相談を是非ご利用ください。

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー