司法書士と登記業務

司法書士は、様々な法律事務の専門家でありますが、登記手続きは司法書士の中心的な業務となっています。

 

登記事務は、現在は法務省の出先機関である法務局(登記所)が管轄していますが、戦前は裁判所が管轄していました。

裁判所に提出する書類を作成することが司法書士の本来業務であったため、登記申請が司法書士の専門業務となったという訳です。

 

登記には、土地建物に関する不動産登記、会社や法人に関する商業登記、動産・債権譲渡登記、船舶登記、各種財団登記など、様々な種類があります。

 

不動産登記について、詳しくはこちらをご覧ください。

商業・法人登記について、詳しくはこちらをご覧ください。

動産・債権譲渡登記について、詳しくはこちらをご覧ください。

 

司法書士は、これらの登記に精通しており、数ある士業の中でも登記のエキスパートと言うことができます。

 

法律上、弁護士も登記を行うことはできますが、司法試験には登記法の出題はなく、能力担保がなされていません。

また、行政書士が登記申請書に添付する書類を作成することは、法律で禁じられています。

 

登記については、当事務所の司法書士にご相談頂ければ間違いありません。

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー